色々な薬と水のグラス

心因性の勃起不全は仕事などのストレスが原因で起きる症状なので通常の場合は体力が回復すると症状も完治するのですが、ストレスによってセックスの時に不安を感じてしまうと勃起に必要な血液がペニスに集中しないので、勃起不全が続いてしまうことがあります。
心の問題なので心療内科などでも治療を受けることができますが、一般的には泌尿器科や大学の専門外来などを受診して治療をします。
心因性の勃起不全の治療は認知行動療法と勃起改善薬などによって行なわれますが、勃起不全の期間が長い場合には完治するのが難しいので半年以上かかる場合があります。
セックスは夫婦の信頼関係を保つために必要不可欠なものなので、勃起改善薬を服用して正常なセックスをして、少しずつ自信を取り戻すことが重要です。
心因性の勃起不全はセックス中に他のことを考えることで交感神経が興奮してしまって、ペニスの血液が心臓や脳に流れるのが原因なので、セックスをする前にリラックスをすると勃起不全を改善することができます。
リラックスをする方法としては抗不安薬などの薬を服用するものもありますが、ハーブティーを飲んだり、少量のアルコールを飲むことで心を落ち着けることができます。
また薬に頼らずに心因性の勃起不全を治療する場合には自律訓練法や認知行動療法をすることが必要で、これらを習慣にすることで勃起不全の再発を防ぐことができます。
自律訓練法は副交感神経の活動を強めて、交感神経の興奮状態をしずめるための方法で、毎日2回から3回程度行うだけで交感神経の過剰な興奮を抑えることができます。
認知行動療法は実際に不安な状態を経験することで、場所や行為に対する恐怖心を無くすための治療法です。

記事一覧

勃起不全のお薬は専門的には「PDE5阻害薬」と呼ばれるもので、もうお薬の誕生から20年以上経っていま...

勃起不全というと全く起たないことを指すように思われるかもしれませんが、持続力がないのも勃起不全の症状...

昼間は勃起するのに、夜になると勃起不全の症状が出てしまう方もいます。 ペニスは体調やメンタルの影響を...

カマグラ発泡錠は勃起不全の人のために開発された治療薬で、従来の経口タイプの錠剤とは異なり、水に溶かし...

困っている男性

アボルブカプセルは成分名をデュタステリドとして、前立腺肥大症の治療に用いられている経口薬です。 5α...

OKサインを出している男性

勃起不全の中には、勃起はするものの持続時間が非常に短く満足できないケースもあります。 勃起不全を薬に...

パソコンを見ている男女

勃起不全は若い人でも悩むことがある症状ですが、若くして男性機能が弱まってしまう様々な原因があります。...

薬を飲む男性

器質性の勃起不全の原因は心臓病や動脈硬化、糖尿病などの病気が大部分を占めているので、改善方法としては...