• ホーム
  • 器質性の勃起不全の改善方法とは?

器質性の勃起不全の改善方法とは?

薬を飲む男性

器質性の勃起不全の原因は心臓病や動脈硬化、糖尿病などの病気が大部分を占めているので、改善方法としてはこれらの病気を治療することが重要です。
また生活習慣を改善することで加齢による勃起不全を防ぐことができるので、血管に悪い影響を及ぼすとされているタバコやアルコールなどを控える必要があります。
器質性の勃起不全は生活習慣病によって引き起こされることが多いので、健康診断などで血糖値やコレステロール値などに問題がある場合には早めに改善をすることで勃起不全を防ぐことができます。
勃起改善薬は器質性の勃起不全にも効果があるので、服用すると勃起を維持することができますが、体力の上限を超えたセックスをすると心臓などに無理な負担がかかって急性の心筋梗塞などのリスクが高まります。
勃起改善薬は一般的には血管を拡張することでペニスの血流を増やすので動脈硬化などに悪い影響をおよぼすことはありませんが、心拍数を急激に上げる事で急性の症状が出るリスクが高まってしまいます。
しかし、健康体の人が通常の正しい用法用量を守って服用する場合は、薬によっては副作用の個人差は出るかもしれませんがそれ以外に大きな問題はありません。
勃起不全薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスが代表的な薬になります。
国内だけでなく世界的に有名な薬です。
中でもレビトラは、効果が現れるのが早いため比較的、初めての方でも使いやすいとされています。
レビトラを買うなら通販サイトを利用すると、病院で処方してもらうよりかなりお得に買うことができるのでお勧めです。
またジェネリック医薬品であるビリトラを通販で購入することでED治療にかかる費用を更に節約することができます。
心因性の勃起不全はストレスが原因なので休養をとることで改善するのですが、長期的に勃起不全が続く場合には治療が必要で、勃起改善薬の他に抗不安薬などを服用することでセックス中の不安や緊張を和らげることができます。
勃起不全は基本的には加齢によって起きるものが多いのですが、とくに血管年齢との関連性が指摘されているので、血管に悪いとされる生活習慣を改善することで加齢による勃起障害を防ぐことができます。
また高齢になると性欲が低下しますが、個人差があるので勃起改善薬を服用する場合もありますが、心臓病や心筋梗塞などを過去に治療した人に関しては半年程度服用することができません。
器質性・心因性どちらにも効果があるバイアグラ
バイアグラは器質性EDにも、心因性EDにも同じく効果を発揮します。
心因性の場合は、そもそも性的な興奮を得ることができない、といった重大な事由を抱えている場合は難しいですが、性欲はあるのに病気などのせいで満足に勃起することが出来ない場合にはバイアグラのようなED治療薬がおすすめです。

関連記事
人気記事一覧